フッ素洗口液って使ったほうがいいですか?

こんにちは!イオンモール柏の向かいにございます、ウィズ歯科クリニック歯科衛生士の芳賀です。

皆さん、普段ドラッグストアなどで歯磨き粉やマウスウォッシュ(洗口液)を購入される事があるかと思います。今回はむし歯予防に効果的といわれているフッ素洗口液についてご紹介したいと思います。

 

むし歯のメカニズム

「プラーク」(歯の表面についた汚れ)中のむし歯菌が砂糖などの炭水化物を分解して酸を作ります。

その酸によって歯の表面のカルシウムが溶け出します。(脱灰)

酸は唾液の作用によって中和され再びカルシウムが歯の表面に戻ります。(再石灰化)

頻繁に砂糖などを摂り続けていると脱灰が進み歯の表面に穴が開いてむし歯ができます。

 

フッ素の役割

フッ素には、歯質の強化、再石灰化の促進、むし歯菌の活動の抑制と大きく3つの役割があります。

①歯質の強化

フッ素が歯に取り込まれることによって、酸に溶けにくい性質に変えむし歯への抵抗力を高めます。

②再石灰化の促進

脱灰の量が少ない初期むし歯では治癒を助けカルシウムやリンを補うことで修復させることができます。

③むし歯菌の活動の抑制

フッ素がプラークに入り、むし歯を引き起こす細菌の働きを弱め、酸が作られるのを抑えます。

 

効果的なフッ素の活用方法は低濃度フッ化物“(フッ化物配合歯磨き粉や洗口液)を日常のケアとして使用し高頻度フッ化物“を歯科医院の定期検診で塗布する事です。

歯科医院では定期検診時に高濃度のフッ素を歯に塗布しますがそれだけでは十分とはいえません。

低濃度のフッ素をご家庭で継続的に使用することも虫歯予防には非常に大事な事です。

 

フッ素洗口液

普段はフッ素入りの歯磨剤等使用されている方も多いと思いますが歯磨きの後はうがいをしたくなりますよね。

うがいをしてしまうとフッ素はほとんど残りません。

フッ素洗口液はうがいの必要がないので歯にフッ素が留まりやすく、歯磨きでは届かないところまで作用してくれるのです!

 

フッ素洗口液の効果的な使い方

フッ素洗口液はブクブクうがいができる4歳以上からの使用をおすすめします。

低年齢から始めることによって6歳頃からの永久歯の萌出にも備えることができます。

生えたての歯は歯質が未成熟なためむし歯になりやすいです。そのためフッ素を上手に活用することによって永久歯のむし歯予防にも効果的になります。

永久歯が生え揃った後でもむし歯予防に効果的であることは変わらず、矯正中で歯磨きがしづらい時にも有効です!そして、もちろんお子様だけでなく高齢者の方まで幅広い年齢の方に使用をおすすめします。

年齢とともに唾液の分泌量も減り、むし歯のリスクも高くなります。

特に中高年になると、歯茎が痩せて根元の象牙質が剥き出しになってきます。象牙質は歯の表面のエナメル質に比べてむし歯になりやすいです。このように歯の根元の表面にできるむし歯を根面う蝕といいます。

根面う蝕は進行が速く神経までの距離が近いため重症化しやすく発見が遅れると手遅れになる可能性もあります。

フッ素洗口液を取り入れることによって根面う蝕の予防にも繋がります!

 

フッ素洗口液を使用するタイミングは就寝前が一番効果的です。

就寝中は唾液の分泌量が減るため、フッ素が流れにくく長時間作用されやすいです。

歯磨き後口に含んで30秒うつむいてブクブクうがいをします。その後吐き出して30分間飲食を控えます。

 

フッ素の安全性

フッ素は摂りすぎるとフッ素中毒になるともいわれています。お子様への使用は心配な方もいると思います。しかし、フッ素は私たちが普段食べている肉や魚や野菜、緑茶や紅茶などの飲み物、塩などの調味料にも含まれているものになります。

フッ素を過剰に摂取してしまうと悪心や嘔吐、歯のフッ素症などの症状が考えられますが、フッ素洗口液からの影響は考えにくいとされています。

1回分のフッ素洗口液に含まれるフッ素の量が微量であるため間違えて誤飲してしまっても中毒の可能性は全くありません。

 

【まとめ】

フッ素入り歯磨剤やフッ素洗口液などご家庭でもむし歯予防できる方法はあります。定期検診での高濃度フッ素塗布に加えてご家庭でも実践してみて下さい!

フッ素やむし歯予防について質問等ありましたらいつでもスタッフにお声がけください!

 

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

 

 

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002