インプラントは入院が必要ですか?

こんにちは!イオンモール柏、お向かいにございます、ウィズ歯科クリニックの歯科医師の小川です!

インプラント治療は外科手術なので、入院が必要ですかとご質問をいただくことがあります。

そこで今回はインプラントオペで入院は必要なのかについてお話させていただきます。

 

インプラントで使用される麻酔の種類

・局所麻酔

広く虫歯などの歯科治療で使用される麻酔薬です。

まず、針を刺す部分の痛みをやわらげるために、表面麻酔薬を塗布して歯肉を麻痺させます。

表面麻酔薬にはジェルタイプやスプレータイプがありますが、唾液が侵入しないようにロールワッテなどで隔離し、その効果は数分程度で出てきます。

その後、インプラント手術を行う部分だけを麻酔するために局所麻酔をしていきます。

 

・静脈内鎮静法

インプラント治療はほとんどが局所麻酔下で行い、手術している部分に痛みはないですが意識はあります。

そのため、インプラントオペを受ける患者様が治療の音や器具などを見て恐怖心を感じることもあります。

そのような時におすすめなのが、うとうと眠ったような状態で治療を受けることができる静脈内鎮静法です。

体調も管理しながら行うので、全身疾患がある方も安心して治療を受けることができます。

静脈内鎮静法は点滴をして、局所麻酔も行った上でインプラント治療を行います。

全身麻酔は意識がなくなりますが、静脈内鎮静法は意識があるため、体への負担が少なくインプラント手術を受けることができます。

 

入院はしなくても良い?

インプラント治療は局所麻酔の場合も静脈内鎮静法の場合にも入院せずにインプラント手術を受けることができます。

局所麻酔の場合には麻酔が切れるまで飲食は避けていただく必要がありますが、インプラント手術が終わったらそのまま帰宅できます。

静脈内鎮静法の場合には少し休んでいただいてから帰宅していただきますが、2~3時間程度で帰宅できる方がほとんどです。

骨造成手術をした場合でも同様で、少しお休みいただいてからそのままお帰りいただけます。

 

【まとめ】

インプラント手術は入院の必要はなく当日にご帰宅が可能です。そのため仕事が忙しい方でも無理なく治療ができます。

麻酔もインプラント部分だけにする局所麻酔と、リラックスした状態でできる静脈内鎮静法があります。

疾患がある場合や、インプラントに不安や恐怖心がある方におすすめの方法ですのでこの麻酔方法が気になりましたらお気軽にスタッフまでお声がけください。

 

 

インプラント専門サイトはこちら

https://www.with-dc.com/implant/

千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

 

 

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002