【症例】50代男性 インプラントと被せ物で治療

症例写真

治療前

治療後

症例の詳細

治療内容

患者様のご希望に沿って、右下の第1小臼歯は、健康な歯を削る必要がなく、天然歯のように噛むことができて長持ちする「インプラント治療」をご提案しました。「ブリッジ治療」は、支える歯に大きな負担がかかって歯が弱くなり、将来的に再治療のリスクがあるため、今回は選択肢から外しました。

患者様に丁寧にご説明したところ、インプラント治療にご納得いただけました。

また、隣り合う歯は歯の根に金属の芯を挿し込んで人工の歯を形成し、被せ物で治療しました。

右下の歯に負担がかかったことで抜歯となり、インプラント治療を行いました。将来的に左下も抜歯になるリスクを避けたいと希望されたため、症状等はありませんでしたが、インプラントによる欠損補綴を行っています。

患者様の状態・要望

「右下で噛むと痛みがある。将来的に再治療の機会が少なくなるようにしっかりと治療したい」と相談をいただきました。

パノラマX線撮影で確認したところ、右下の第1小臼歯(4番)の周囲が黒く見える「透過像」が認められました。また、歯周病検査で歯が割れてしまっていることがわかりました。

CT検査では、右下の犬歯(3番)に古い骨が壊されてしまう一過性の「骨吸収」が認められました。

患者様は、「今回の治療でしっかり悪いところを直したい」とご希望されていました。

治療費用

1,470,000円
<内訳>
インプラント手術:620,000円、
アバットメント:3つで150,000円、
上部構造:400,000円、
メタルボンドクラウン:300,000円

治療期間

約6ヶ月

注意事項(主なリスク・副作用)

・抜歯後、3ヶ月の間は食事がしにくくなるので、その間は義歯を使用します 
・手術により、神経・動脈、静脈が通っている下顎管を圧迫したり傷つけてしまうと、しびれる感じが残る場合があります

術後の経過・現在のご様子

こんにちは。千葉県柏市の柏駅・南柏駅近くの歯医者「ウィズ歯科クリニック」の歯科医師・佐藤です。

50代男性「右下で噛むと痛みがある。将来的に再治療せずに済むようにしっかりと治療したい」インプラントと被せ物で治療した患者様です。術後の痛みはなくなり噛み合わせも問題なく、経過は順調です。

患者様にインプラント治療後の感想をお聞きしたところ、「治療中は入れ歯を使っていたが食べにくく、左でなんとか食べていたが辛かった。けれど、インプラント治療が終わってから、なんでも食べられるようになり最高!やってよかった!」と喜んでいただきました。

治療後1年経過した定期検診でのCT検査画像でも、特に問題は起こっておらず、経過は良好です。

 

治療前

治療後

治療法でお悩みの方やセカンドオピニオンや治療相談のみでもお受けしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

インプラント無料相談はこちら

https://www.with-dc.com/implant/contact/

インプラントサイト

https://www.with-dc.com/implant/

インプラント症例

https://www.with-dc.com/info-cate/implant/

千葉県柏市・南柏の歯医者「ウィズ歯科クリニック」

https://www.with-dc.com/

 

技術・接遇の追求
患者満足度日本一の歯科医院を目指します

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
HP:https://www.with-dc.com/
Tel:04-7145-0002