虫歯になりやすい子供の特徴と原因とは?自宅と小児歯科でできる予防方法を分かりやすく解説!

こんにちは。柏にある歯科医院「ウィズ歯科クリニック」です。

子供の歯をみて「虫歯になりやすい子供と虫歯になりにくい子供は何が違うのか」と、疑問に感じたことはありませんか?

虫歯になりやすい子供には、特徴があります。大人になってから虫歯で悩むことがないように、子供のうちに予防できることがあればしてあげたいと思う方が多いでしょう。そこで本記事では、虫歯になりやすい子供の特徴や虫歯の原因・虫歯予防のためにできることを解説します。虫歯が疑わしい歯の見分け方も紹介するので、子供の虫歯に不安がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

虫歯になりやすい子供の特徴

歯ブラシを持った男の子

虫歯になりやすい子供は、虫歯になりにくい子供と比較してどのような特徴があるのでしょうか。虫歯になりやすい子供の特徴は大きく3つあげられます。

歯磨き(仕上げ磨き)の習慣が上手にできていない

子供の一人磨きは、しっかりと歯磨きしたつもりでも磨けていない場合が多いです。小児の場合、仕上げ磨きを嫌がる子も多くハブラシが十分に当てられないケースもあるでしょう。

しかし、ハブラシが不十分な状態が続くと歯の表面に細菌の塊であるプラークが付着したままの状態になります。プラークには多くの虫歯菌が繁殖しているので、歯の表面に長期間付着したままにしていると、虫歯になるリスクが高くなり注意が必要です。そのため、ハブラシが上手に当たっていない子供は、プラークが残りやすく虫歯になりやすい傾向があるといえます。乳歯・生えたての永久歯は歯の質が弱く、虫歯になると進行が早い特徴があります。

食事時間が不規則

食事時間やおやつの時間が決まっていない子供は、虫歯のリスクが高くなります。虫歯菌は糖分を摂取した際、酸をだします。歯は酸に弱い性質があり、酸にさらされると歯は溶けてしまうのです。この現象を「脱灰」といいます。

一方、唾液の成分のなかには酸を中和する働きがあり、溶け出した歯の表面を修復する「再石灰化」とよばれる作用があります。口内は「脱灰」と「再石灰化」がつねに拮抗している状態です。

しかし、生活習慣が不規則で食事時間が決まっていないと再石灰化の時間が十分にとれず脱灰が続いてしまいます。脱灰が進むと歯の表面が溶けてしまい虫歯ができてしまうのです。虫歯は、糖分の摂取量もポイントですが、ダラダラと時間を決めずに食べる不規則な食生活もリスクを高めるので気をつける必要があるでしょう。

親の口内環境が悪い

生まれたての赤ちゃんには虫歯菌をはじめ口内に細菌は存在しません。虫歯菌や歯周病の細菌が口内に存在するのは、両親や祖父母などの唾液を介して感染するのが原因です。離乳食が始まり、食事を一緒にとる機会が増えると自分の箸やスプーンからつい食べさせたりする機会があるでしょう。スキンシップや会話した際に子供の口の中に唾液が飛んでしまうこともあると思います。

しかし、このようなふだんの何気ない行動によって、唾液を介して口内の細菌が赤ちゃんに感染してしまうのです。食べられる物が増える一方、食事の介助が必要な2歳半くらいまでの間は細菌感染しやすい時期といわれています。この期間に虫歯菌に触れる機会が少なかった子供は、虫歯になりにくい傾向があります。そのため、口移しなどはなるべくしないように心がけることも必要ですが、自身の口内を清潔に保ち細菌の数を減らして、子供が細菌感染しないように努めることも大切でしょう。

子供の虫歯の原因

歯磨きをしている子ども

虫歯は、細菌のだす酸の影響で歯の表面に穴があいた状態をいいます。虫歯は、3つの要素が重なるとできるといわれています。虫歯の原因になる要素は以下の3つです。

    3つの要素がすべて被り、時間が経過すると虫歯ができてしまいます。

    ここでは、虫歯の原因となる要素を詳しく紹介していきます。

    歯の質

    歯の質は、生まれながらにして持っている一人ひとりの「歯」や「唾液」の質のことです。歯の質や唾液は個人差がでやすい部分といえます。歯の質によっては、酸の影響を受けやすく虫歯になりやすい口内環境の方も存在するのが現状です。小児の場合、乳歯や生えたばかりの永久歯が多く、大人と比較して歯の質が弱い特徴があります。小児をはじ歯の質が弱い方は、虫歯菌のだす酸の影響を受けやすいので、特に注意が必要です。

    細菌

    細菌は、虫歯の原因となる虫歯菌の数のことです。虫歯菌は糖分を分解しながら増殖し、酸を作ります。酸は、歯の表面を溶かす原因です。口内に細菌が多いと、より多くの酸が作られるので歯の表面が酸にさらされるリスクが高くなってしまいます。歯磨きが不十分で食べカスやプラークが残っている場合、細菌が増殖しやすい環境が整ってしまうので、特に注意が必要です。

    糖質

    糖質は砂糖など食べ物に含まれる糖のことです。糖質は、虫歯菌が増殖するエネルギーとなり、酸を作る原因にもなります。子供の場合、胃が小さく一度に取れる食事量が少ないです。そのため「おやつ」の時間を設けて、必要な栄養を補う必要があります。食事回数が増えるので大人と比較して歯が糖に触れる機会が自然と増えてしまいます。おやつにジュースや甘いものをたくさん与えたり、だらだら食べをしていたりすると、さらに多くの糖分が歯の表面に付着してしまうので、与え方に注意が必要です。

    子供の虫歯予防のためにできること

    歯科医で歯磨きをしている男の子

    「子供の虫歯予防のために、できることはあるのか?」子供の歯を虫歯から守りたい親御さんなら知りたい内容かと思います。

    子供の虫歯予防でできることは、自宅でできる「セルフケア」と歯科医院でおこなう「プロフェッショナルケア」の2つに分類されます。セルフケアとプロフェッショナルケアでできる子供の虫歯予防を解説します。

    虫歯予防に効果的なセルフケアとは?

    セルフケアでポイントとなるのは細菌と糖質の管理です。虫歯菌は、糖質をエネルギーに増殖して酸をつくります。歯の表面に糖質が付着した状態は、虫歯菌を増やす原因になるでしょう。

    食生活の見直し

    普段から甘いものをよく食べていたり、ダラダラ食べていたりすると虫歯菌が増殖する原因になります。食事やおやつを与える時間はしっかりと決めて、ダラダラと食べさせない・お菓子やジュースなど糖質の多いものを与えすぎないなど、工夫して糖質が口の中にある時間を減らすように努めましょう。

    プラークをしっかりと落とす

    歯の表面の食べカスを放置するとプラークとよばれる細菌の塊ができます。プラークはハブラシで落とせる汚れです。歯磨きが不十分で歯の表面にプラークが残っていると、歯の表面が酸性に傾きやすく虫歯の原因になります。

    小学校34年生くらいまでは、子供の歯磨きだけでは不十分な場合があります。1日1回は仕上げ磨きをおこなって、食べカスやプラークをしっかり取り除くようにしましょう。また、歯磨きの際にフッ素入り歯磨き粉を使用すると歯質の強化や虫歯菌の活動を抑制する効果が期待できます。

    プロフェッショナルケアでおこなう虫歯予防とは?

    プロフェッショナルケアでは、歯質の強化や虫歯になりにくい環境づくりをサポートします。

    定期的なフッ素塗布

    フッ素は虫歯予防に効果的といわれています。フッ素が歯の表面に取り込まれると歯の構造が強化されます。歯が丈夫になるので、酸に溶けにくい強い歯になることが期待できるでしょう。

    生えたばかりの歯は、フッ素の吸収がいいので定期的なフッ素塗布は歯質の強化に効果的といえます。また、フッ素には唾液の再石灰化作用をサポートする作用や、虫歯菌の活動を抑制する作用があるので歯科医院での定期的なフッ素塗布はおすすめです。

    シーラントをおこなう

    子供の口のなかで虫歯になりやすい場所の1つが「歯の溝」です。特に生えたての奥歯は、歯の質が弱く溝が深い特徴があります。

    シーラントは、奥歯の溝を樹脂で塞ぎ、ハブラシが届きやすい環境をつくる虫歯予防法です。深い溝は、汚れが残りやすくハブラシが届きにくいので管理が難しいといえます。シーラントをおこなえば歯の溝を物理的に塞ぐのでハブラシで管理しやすくなるでしょう。

    歯磨き・食事指導を受ける

    子供の口内は、成長する過程のなかで一人ひとり歯の本数や生え替わり方が異なります。そのため、成長過程にあわせたハブラシのあて方をしなくてはなりません。

    歯科医院では歯磨き指導もおこなっています。歯磨き指導では、歯並び・ハブラシの磨き癖など、子供の口内を確認したうで一人ひとりにあわせた磨き方・歯ブラシの選び方を指導します。また、食習慣は歯磨きと同じくらい口内の環境に関わります。おやつ・飲み物の種類やとる時間帯の確認をおこない、虫歯リスクの高い食習慣がみられたら適切な指導をします。

    虫歯かな?と思ったら

    歯医者が子どもに歯磨きを押している

    子供の歯は、虫歯の進行が早い特徴があります。「子供の歯が虫歯になっているかも」と少しでも気になる部分がある場合は、早めに小児歯科を受診するようにしてください。

    以下に、小児歯科を受診するべき子供の歯の変化を3つ紹介します。仕上げ磨きなど、子供の歯の状態を確認する際に参考にしてみてください。

    歯が茶色または黒色に変色している

    歯の表面や歯の溝が茶色または黒色に変色している場合は、虫歯の可能性が高いです。虫歯はある程度まで進行すると、その部分の歯が茶色・黒色に変色します。見た目は小さな変色でも、歯の中では大きく虫歯が進行しているケースもあり注意が必要です。

    しかし、茶色・黒色の変色は着色汚れの可能性も十分考えられます。素人では判断が難しいので、小児歯科を受診して確認してもらうようにしましょう。

    歯が白色・黄色に変色している

    子供の歯が一部分だけ白く濁っていたり帯状に白く濁っていたりする場合、虫歯の疑いがあります。

    虫歯になると歯は茶色や黒色に変色するとイメージされる方が多いと思いますが、初期の虫歯は歯の表面の艶が失われて白く濁ったように変色します。大人の場合、さらに虫歯が進行すると茶色や黒色に歯が変色していくのが一般的です。一方、子供の場合は、歯の色が白く濁った状態のまま虫歯が進行していくケースがあります。

    歯の色だけで判断すると、虫歯に見えないので注意が必要です。白く濁ったように変色している場合、初期虫歯で改善する可能性もあります。自己判断は難しいので小児歯科を受診して適切な処置をしてもらいましょう。

    歯の表面に穴が開いている

    歯の表面に穴があいている場合、虫歯の可能性が高いといえるでしょう。虫歯が進行すると、虫歯菌の影響で歯の表面のエナメル質が溶けて歯に穴があきます。特に乳歯や生えたての永久歯は、歯の質が弱いので虫歯の進行が早いです。

    穴があいた状態は、虫歯がかなり進行している可能性が高いので、見つけたら早めに小児歯科を受診するようにしましょう。

    まとめ

    歯科医でハイタッチしている子ども

    虫歯は「歯の質」「糖質」「細菌」の3つの要素が被り時間が経過するとできてしまいます。乳歯と生えたての永久歯は、歯の質が弱く虫歯の進行がはやい特徴があるので、しっかりと予防することが大切です。子供の虫歯予防のポイントは、自宅での食生活と歯磨き、小児歯科でできるフッ素塗布やシーラントがあげられます。食事やおやつの時間と種類・歯磨き方法を意識すると、虫歯の要素である糖質と細菌を排除することが可能です。また、小児歯科で定期的なフッ素塗布・シーラントをおこなえば歯の質の強化につながります。

    子供の歯の健康を守るために、自宅でできるセルフケアと小児歯科でできるプロフェッショナルケアで虫歯を予防していきましょう。

    柏にある小児歯科「ウィズ歯科クリニック」にお気軽にご相談ください。

    技術・接遇の追求
    患者満足度日本一の歯科医院を目指します

    『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

    柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
    HP:https://www.with-dc.com/
    Tel:04-7145-0002