セラミック治療とはどんな治療?柏市の歯科クリニックが解説!

セラミック治療とはどんな治療?柏市の歯科クリニックが解説!

「セラミック治療が良いらしいけど、どんな治療なの?」

「セラミックは安全性とか耐久性は安心できるの?」

近年の歯科治療でセラミックが普及してきました。

セラミック治療には、従来の銀歯や金歯にないメリットがたくさんあります。

しかし、セラミックと言っても、種類が多く、分からないことも多いです。

今回は、柏市で歯の治療を考えている方向けに、セラミック治療について解説します。

 

□セラミック治療の種類

 

セラミック治療には、大きく2種類あります。

 

1つ目は、クラウン治療です。

この治療は、歯にセラミックの被せ物をつけ、銀歯の交換や、部分的な歯並びの改善、噛み合わせの改善を行う治療です。

また、セラミックは半永久的に白いので、審美目的での利用もされています。

 

2つ目は、詰め物治療です。

虫歯などの治療で、穴が開いた部分に対して詰め物をし、穴を塞ぎます。

この詰め物にセラミックを利用できます。

銀色や金色の詰め物は気になる方が多いですが、白いセラミックを詰めることで、審美的になり目立たなくなります。

 

また銀歯の交換もよく行われる治療のひとつです。

過去に、銀歯で治療した方が、「銀歯は目立つから変えたい」と希望するケースは多いです。

そこで、半永久的に白いセラミックに付け替えることで、自然な見た目に改善できます。

また、セラミックは、銀歯に用いられる金属よりアレルギー等も考慮すると人体への影響が少ないです。

そのため、安全面からもセラミックに変えるメリットは大きいです。

 

 

□セラミックの素材の種類

 

セラミックにはいくつか種類があります。

全てセラミックでできたオールセラミックという素材は、強度はありますが、衝撃に弱いです。

そこで、セラミックのフレームに強度のある素材を用いた、より耐久性の高い素材がいくつかあります。

 

*ジルコニアセラミックス

ジルコニアは人工のダイヤモンドと呼ばれている素材です。

強度はかなり高く、衝撃にも強いです。

また、チタン並みに人体と親和性があり、アレルギー反応のリスクもほとんどありません。

前歯やブリッジ等適応範囲も幅広く、最近は第一選択をして用いらることが多いです。

 

*メタルセラミックス

メタルセラミックスは、内側は金属で、外側がセラミックでつくられた素材です。

保険の適用されない差し歯治療を行う場合、以前は多くのケースでメタルセラミックスが使用されてきました。

 

*ハイブリッドセラミックス

ハイブリッドセラミックスも内側は金属で、外側がハイブリッドセラミックでつくられた素材です。

セラミックスにプラスチックが混合されたもので、セラミックスに比べて安価ですが、経年的に摩耗や着色等の劣化が出てくるため第一選択とはなりにくい素材です。

 

 

□まとめ

 

今回は、柏市で歯の治療を考えている方向けに、セラミック治療について解説しました。

セラミック治療には、大きく3種類あります。

クラウン治療、詰め物治療、銀歯の交換です。

素材としては、ジルコニアが優れており、人気です。

歯の治療を考える際に、セラミックについて疑問点や相談がありましたら、気軽に当院まで足を運んでください。

 

技術・接遇の追求

     患者様満足から患者様感動へ

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

Pagetop