抜歯即時埋入インプラント、低侵襲インプラントセミナー

抜歯即時埋入インプラント、低侵襲インプラントセミナー

こんにちは。

柏、南柏の歯医者、ウィズ歯科クリニック歯科医師の佐藤です。

 

歯が抜歯となってしまった際に、インプラント治療を検討される方が多くいると思います。

 

しかし、外科処置や治療期間といった問題で躊躇される方も多いのも事実です。

 

そこで当院で行っているのが抜歯即時埋入インプラント治療です。

 

従来の抜歯→骨造成→インプラント埋入という3つのステップを同時に、1度の外科処置で行ってしまう方法です。

 

これにより各ステージの待時期間も1度にまとめられるので、トータルの治療期間の短縮にもつながります。

 

そこで今回はこの抜歯即時埋入インプラントの最新手法等バージョンアップを図るべく、セミナーへ参加してきました。

 

麻布にて開催された、抜歯即時インプラント埋入即時荷重~低侵襲インプラント治療を求めて~というインプラントのセミナーに行ってきました。

 

講師は以前受講したセミナーの、東京で開業され、インプラントを第一線で行っている梅田 和徳先生です。

 

今回のセミナーは以前参加したセミナーのアドバンスコースになっています。

 

「抜歯即時インプラント埋入即時荷重」とは簡単に説明すると歯を抜いたその日のうちにインプラントを埋入し、仮歯まで入れてしまうということです。

 

従来のインプラント治療は抜歯してから骨が治るのを待ち、インプラント埋入後に骨と結合するのを待ち、最終的補綴物を作製していたのですがこの治療法は抜歯した日にインプラントを埋入し、仮歯を作り、骨が治るとともにインプラントが制着するのを待ち、最終補綴物を作製していくという方法です。

 

この治療法のメリットは従来のインプラント治療法とは異なり歯がない期間を作らない・歯を抜いてからすぐにインプラントを埋入するので治療期間が短縮される、外科処置が一度で済むといったものが挙げられます。

僕はもし前歯を抜かなければならなくなったとしたら前歯が無い期間を作るのも嫌です。だからと言って両隣の問題ない歯を削って仮歯を入れるのも抵抗があります。そんな時にこの治療法ができると歯がない期間がなく、両隣の問題ない歯を削る必要もなく治療できるプラスアルファ治療期間も短くできるという夢のような治療法だと思います。

 

もちろんデメリットもあります。デメリットとしてあげられるものはインプラントを入れた部位で噛んではいけないというものです。(特に最初の4週ぐらい)そのため、リスクが高い場合は四六時中マウスピースを入れてもらったりしなければなりません。もう一つは抜歯した穴にインプラントを埋入したときに十分な骨があり、強固な固定がとれる必要があります。(もし取れない場合は両サイドに歯の形をした仮歯を張り付けて最低限の審美性は確保できます。)これらは術中の判断によるものなのでしっかりと同意していただく必要があります。

 

この治療法をインプラント治療のトップトリートメントとして考え、そこから状況に応じて仮歯を入れない治療法や骨が足りない為骨の造成のみの治療にし、後日インプラントを埋入する従来の治療法にシフトできるようにしておくことでよりストレスのない治療を提供できると思います。

 

今回のセミナーで学んだことをしっかり反復し、より安全な治療を皆様に提供できるよう、これからも日々精進していきたいと思います。

 

 

技術・接遇の追求

     患者様満足から患者様感動へ

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

柏、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック

https://www.with-dc.com/

04-7145-0002

 
 

Pagetop