【周囲の歯を守る為のインプラント治療】

【周囲の歯を守る為のインプラント治療】

こんにちは

柏・南柏の歯医者、ウィズ歯科クリニックの歯科医師 佐藤です。

 

今回はブリッジという欠損補綴治療を行われていた箇所をインプラントで治療する症例についてご紹介します。

 

 

ブリッジ治療とはご自身の歯に近い感覚でしっかりと咬むことができる固定式の治療ですが、欠損した部位にかかる負担が支台となる両隣の歯にかかってしまうため、10年・20年後に歯が壊れてしまう可能性が高くなってしまいます。今回、インプラント治療に置き換えることでそれぞれの歯を独立させることが出来ます。それにより歯にかかる負担を軽減でき、ご自身の歯を守ることができます。

 

 

今回のケースは左右の奥歯にブリッジによる治療がされていたのですが、患者様ご自身の咬む力により右のブリッジの支台としている歯が折れてしまい、保存不可能になった症例です。

ブリッジ・入れ歯・インプラントそれぞれの治療法のメリット・デメリットを説明したところ、患者様はこれ以上歯を失いたくない、できるだけ再治療がないように治療したいということでインプラント治療を選択されました。

 

治療計画としてまず、折れて保存不可能になった歯を抜いた後に治癒を待ちつつ左のブリッジの部分にインプラント治療を行うことにしました。その後に右の欠損部位にもインプラント治療を行う予定です。

 

まず、ブリッジを仮歯に置き換え、CT検査を行い、骨量を計測しました。検査結果から十分な骨量が確認できたため、サージカルガイドを使用し、フラップレスインプラントによる治療法を選択しました。

 

 

フラップレスインプラントはメスを使わないので切らない・縫わないインプラント治療法です。痛みや腫れもでにくく、サージカルガイドを使用することにより、より精密なインプラント埋入を行え、治療時間も短縮できます。今回のケースでも、後日患者様からインプラント治療後の痛みは無く、違和感も歯を抜いた時より少なかったと感想を頂きました。

 

まだ治療途中ではありますが、これからも研鑽を積み重ね、皆様の快適な生活のお役に立てるよう邁進していきたいと思います。

 
 
 
インプラント専門サイトはこちら
https://www.with-dc.com/implant/
 
千葉県 柏市、南柏の歯医者 ウィズ歯科クリニック
https://www.with-dc.com/
 

04-7145-0002

 

『一般歯科』『小児歯科』『口腔外科』『親知らずの抜歯』『矯正歯科』『審美』『歯周病治療』『口臭治療』『入れ歯』『歯の痛み』『無痛治療』『ホワイトニング』『インプラント』『フラップレスインプラント』『セラミック治療』『保育士託児』『相談室でのカウンセリング』『口コミ、評判』『分かりやすい説明』

Pagetop