歯が痛い・しみる 一般歯科

柏市の歯医者|ウィズ歯科クリニック HOME > 歯が痛い・しみる 一般歯科

「歯が痛い」「しみる」は歯の異常サイン。早めの受診が大切

虫歯について

虫歯はごく一般的なお口の病気ですが、原因やしくみをくわしくご存知の方は少ないのではないでしょうか。

虫歯は、お口の中に棲む虫歯菌による感染症です。虫歯菌が食べかすに含まれる糖分を介して酸を出し、その酸により歯が溶けていくのが虫歯です。「歯みがきをしないと虫歯になる」というのは、食べかすがお口に残ることで虫歯菌の活動が活発になり、歯を溶かす酸が多く産出されてしまうためです。また、虫歯菌の活動が活発になるのは、食後30分ほど。そのため、食後30分以内に歯みがきするのが理想的です。

虫歯の進行段階と治療法
進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質の虫歯】
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

歯を残すための最後の手段「根管治療」

虫歯が神経にまで達してしまったとき、さらに放っておくと抜歯せざるをえなくなります。そこで、歯を保存するために行う治療法が「根管治療」です。

根管治療では、根管(神経や血管の入っている管)から感染した神経などを取り除き、根管を洗浄・消毒したあと、細菌が繁殖しないようすみずみまで薬を詰めて最後に土台(コア)と被せ物を被せて歯の機能を回復させます。

根管治療の流れ

根管治療はいわば、家に例えると基礎工事。どんなにきれいな外観を基礎の上につくったとしても、基礎がしっかりしていなければすぐに崩れてしまうように、どんなに見た目の優れた被せ物をしても、根管治療が不十分であれば長期間の使用はできないのです。

このように、根管治療は大変重要な治療です。当院ではマイクロスコープを使用し、精度の高い根管治療を行っております。

歯科用CTによる診査・診断が可能

虫歯治療後、万が一痛みがとれないなどの症状が出た場合も、当院では歯科用CTを用いてより詳しく精密な診断をし、根管治療を施すことがあります。また、歯科用CTを完備している当院なら、治療過程ですぐに患部を撮影することができるので、途中で痛みが発生した場合でも迅速な対応が可能です。

歯科用CTの詳細はこちら

知覚過敏は治療できます

「歯が痛い」「冷たい水を飲むと歯にしみる」といった症状があり、診断の結果「虫歯ではない」とされた場合、知覚過敏かもしれません。知覚過敏とは、咬みしめによる強い圧力、強すぎる歯みがき、酸を含んだ飲食物の過度な摂取などが原因で、エナメル質が薄くなり象牙質の毛細血管を通じて「痛い」「しみる」といった症状があらわれる病気です。当院では知覚過敏の治療を行っておりますので、我慢せずに早めにご相談ください。

親知らずは絶対抜かなくてはいけないの?

親知らずとは、中央から8番目の歯です。大抵20歳前後で生えてきますが、現代人は顎が小さく親知らずが正常に生えるスペースがない傾向にあるため、斜めに生えてきたり、そもそも生えなかったり、生えたとしても一部埋まったままだったりするケースが多くあります。

親知らずというと、「抜くのが当たり前」といったイメージがあると思いますが、必ずしも抜かなくてはいけないものではありません。ただ、次のような場合は、いろいろなリスクが生じますので、抜くのが一般的です。

  • 斜めや横向きに生えることで歯みがきが十分にできず、虫歯や歯周病になりやすい
  • 隣の歯を押すため、歯並び(咬み合わせ)に影響をおよぼすことがある
  • 咬み合わせを乱すことにより、顎や全身のバランスが崩れ、顔の歪みや肩こり、腰痛などを引き起こすことがある

このような悪影響をおよぼすと診断された場合、できるだけ早めに抜くのが理想的です。ご自身では判断が難しいため親知らずが生えている、あるいは生えてきたときは、できるだけ早くご相談ください。

口腔外科専門医による治療

親知らずには下記のような難症例も多くあります。
・根が横に生えている場合
・歯が骨の中に埋まっている場合
当院ではこれらの症例にも対応しております。さらに口腔外科専門医在籍しているため、大学病院レベルでの施術が可能です。詳細はお問い合わせください。

CT撮影

CT撮影

下顎骨の中には口唇の感覚を司っている下歯槽神経が走行しており、親知らずの根っこが近接していることがあります。当院では親知らずが下歯槽神経に近いと判断した場合にはCT撮影を行い、安全を確認した上で抜歯を行います。親知らずを抜く際に下歯槽神経を傷つけてしまうと知覚異常(麻痺)が出てしまう可能性があります。親知らずの歯根の形態・長さ・曲がり方・周囲の骨の厚みなど十分な画像診断の下、最小限の侵襲で確実な処置を行いますのでご安心ください。
また、抜歯の必要性の有無も、正確に判断することが可能です。治療後に起こりうるリスクについてもしっかりとご説明いたします。

口腔外科専門医が担当

親知らずの抜歯で難しいとされているのが「水平埋伏歯」の抜歯になります。水平に親知らずが埋まっている症例です。水平埋伏歯を抜歯するためには、歯茎を切開してから歯を分割しながら抜いていきます。抜歯時間は症例によって異なりますが、15~60分程度です。事前検査とリスク説明を十分に行い、安全を確認した上で抜歯を行います。親知らずが深い位置に埋まっていたり、親知らずが骨に癒着した難しいケースの抜歯もお任せください。

治療前の検査、クリーニング

歯垢や歯石が付着していると抜歯後の感染や術後の経過が芳しくない場合があります。親知らずを抜歯する前にはクリーニングをおすすめしています。現在も大学病院の口腔外科に所属しているドクターが在籍しており、一般開業医では難しい症例にも対応可能です。

親知らずの抜歯の流れ
STEP 1: 初診

親知らずの抜歯の流れ

レントゲン撮影、必要であればCT撮影も行い、親知らずの位置や生え方等を確認します。
診査結果をもとに治療計画をご説明いたします。

STEP 2: 抜歯

まっすぐ生えている親知らず2,000円程度
埋まっている親知らず3,500円程度(CT代別途3,000円程)

STEP 3: 消毒
STEP 4: 抜糸

縫合が必要な場合は一週間程度で抜糸を行います。

※上記は目安となり、親知らずの状態や症状によって異なります。

注意事項・後遺症・リスクについて
出血 抜歯後はしばらくガーゼなどを丸めてしっかり止血を行います。当日は飲酒や運動、長時間の入浴など血行がよくなる行為は控えて安静に過ごしましょう。強くうがいをしたり、抜いたところを舌や指などで触ったりすると出血する原因となってしまうため、できるだけ控えるようにしましょう。抜歯したところはかさぶたになりながら、少しずつ治癒していきます。
痛み 抜歯は麻酔下で行い、抜歯後は抗生物質や鎮痛剤を処方します。長くても1週間程度で落ち着いてきますが、強い痛みが続く場合は診察を受けましょう。傷口からの細菌の侵入を最小限に抑えるため、処方された薬は必ず服用するようにしてください。
腫れ 2~3日程、腫れが続くことがあります。腫れが引くと同時に腫れていた部分があざのように青くなることもありますが、内出血の跡であり自然に消えていくので心配ありません。
麻痺 下歯槽神経に近い親知らずの場合、抜いた親知らず側の下唇の付近や舌の知覚の麻痺がでることがあります。その場合、投薬治療が必要となる事もありますが、ほとんどの場合1~3ヶ月ほどで治ります。当院ではCT診断下で抜歯を行いますのでしびれが出ること自体、まれなケースです。

こんな口腔内のトラブルにも対応します

粘液嚢胞(ねんえきのうほう)

比較的若年層に多い疾患です。口唇や舌下部にできる半球状に白くぷくっと膨れた出来物です。唇を噛んだり歯の鋭い部分で口腔内が擦れることにより、小唾液腺や舌下腺からの唾液が正常に分泌されず、周囲の組織の中に唾液が溜まってしまう症状です。

治療 局所麻酔下にて嚢胞の切除を行います。
ポイント 術後は、再発のリスクを避けるため、1~2週間程度は患部を噛まない、刺激しないなど注意していただき、1ヶ月程度経過観察が必要になります。
舌小帯短縮症

舌の裏側にあるヒダが短く、また舌の先端まで付いているため、舌の運動が極端に制限される疾患です。幼少期の歯科検診のときなどに指摘されることが多く、舌を前に突き出すと舌がハート形になります。滑舌が悪くなる、会話時に舌が疲れるといった症状がみられます。

治療 局所麻酔下にて舌の裏側のヒダを切る舌小帯伸展術を行います。
ポイント 治療の時期は障害の程度によります。当院では基本的に局部麻酔のみで行うため、術中も動かずじっとしていられる就学前以降の方におすすめしております。幼く、術中に動いてしまう可能性がある場合は、連携医療機関をご紹介することがあります。
上唇小帯付着異常

上唇小帯とは上唇と歯肉を繋いでいる筋のことです。2歳頃までは上唇小帯が太く、歯のそばまで入り込んでいることもありますが、成長と共に細くなりながら歯ぐきのほうに移動していきます。幼児期になっても何らかの原因で縮小せず付着している位置が変わらない場合にはすきっ歯の原因となったり、歯磨きがしにくく、むし歯の原因となるため小帯の切除が必要です。2才未満は上唇小帯が太いため、1歳6ヶ月健診等で指摘されることがありますが、極端なものでなければ様子をみていて大丈夫です。上唇小帯の切除は主に「上前歯の永久歯が生え変わる頃(6~7歳)」に行います。お子様の歯磨きの際には傷つけたり、不快な思いをさせないように指の腹でカバーをして優しく当ててあげてください。

治療 当院ではレーザーで治療ができ、麻酔下のもと数分程度で終わります。レーザー治療のため、術後のダメージを最小限にすることが可能です。
ポイント 治療の時期は程度によって異なりますが、当院では基本的に局部麻酔のみで行うため、術中もじっとしていられるお子様におすすめしております。術中に動いてしまう可能性がある場合は連携医療機関をご紹介することもあります。

口腔外科専門医による治療

大学病院レベルの小外科手術も当院で対応が可能です。
・嚢胞摘出術および開窓術
・過剰歯摘出
・骨隆起除去手術
・小帯切除術
当院ではこれらの症例にも対応しております。さらに口腔外科専門医在籍しているため、大学病院レベルでの施術が可能です。詳細はお問い合わせください。

メインテナンスを心がけましょう

歯の治療後、これまでどおりのお口のケア方法のままでは、症状が再発するおそれがあります。健康な歯の維持には、予防・メインテナンスが不可欠。お口の健康は、体の健康につながっているともいわれています。治療後も、定期的なメインテナンスに努め、お口の健康、ひいては全身の健康を守っていきましょう。当院は予防治療に力を入れています。お気軽にご相談ください。

予防に努め、快適な生活を送りましょう

Pagetop