歯が痛い・しみる 一般歯科

柏市の歯医者|ウィズ歯科クリニック HOME > 歯が痛い・しみる 一般歯科

「歯が痛い」「しみる」は歯の異常サイン。早めの受診が大切

虫歯について

虫歯はごく一般的なお口の病気ですが、原因やしくみをくわしくご存知の方は少ないのではないでしょうか。

虫歯は、お口の中に棲む虫歯菌による感染症です。虫歯菌が食べかすに含まれる糖分を介して酸を出し、その酸により歯が溶けていくのが虫歯です。「歯みがきをしないと虫歯になる」というのは、食べかすがお口に残ることで虫歯菌の活動が活発になり、歯を溶かす酸が多く産出されてしまうためです。また、虫歯菌の活動が活発になるのは、食後30分ほど。そのため、食後30分以内に歯みがきするのが理想的です。

虫歯の進行段階と治療法
進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質の虫歯】
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

歯を残すための最後の手段「根管治療」

虫歯が神経にまで達してしまったとき、さらに放っておくと抜歯せざるをえなくなります。そこで、歯を保存するために行う治療法が「根管治療」です。

根管治療では、根管(神経や血管の入っている管)から感染した神経などを取り除き、根管を洗浄・消毒したあと、細菌が繁殖しないようすみずみまで薬を詰めて最後に土台(コア)と被せ物を被せて歯の機能を回復させます。

根管治療の流れ

根管治療はいわば、家に例えると基礎工事。どんなにきれいな外観を基礎の上につくったとしても、基礎がしっかりしていなければすぐに崩れてしまうように、どんなに見た目の優れた被せ物をしても、根管治療が不十分であれば長期間の使用はできないのです。

このように、根管治療は大変重要な治療です。当院ではマイクロスコープを使用し、精度の高い根管治療を行っております。

歯科用CTによる診査・診断が可能

虫歯治療後、万が一痛みがとれないなどの症状が出た場合も、当院では歯科用CTを用いてより詳しく精密な診断をし、根管治療を施すことがあります。また、歯科用CTを完備している当院なら、治療過程ですぐに患部を撮影することができるので、途中で痛みが発生した場合でも迅速な対応が可能です。

歯科用CTの詳細はこちら

知覚過敏は治療できます

「歯が痛い」「冷たい水を飲むと歯にしみる」といった症状があり、診断の結果「虫歯ではない」とされた場合、知覚過敏かもしれません。知覚過敏とは、咬みしめによる強い圧力、強すぎる歯みがき、酸を含んだ飲食物の過度な摂取などが原因で、エナメル質が薄くなり象牙質の毛細血管を通じて「痛い」「しみる」といった症状があらわれる病気です。当院では知覚過敏の治療を行っておりますので、我慢せずに早めにご相談ください。

メインテナンスを心がけましょう

歯の治療後、これまでどおりのお口のケア方法のままでは、症状が再発するおそれがあります。健康な歯の維持には、予防・メインテナンスが不可欠。お口の健康は、体の健康につながっているともいわれています。治療後も、定期的なメインテナンスに努め、お口の健康、ひいては全身の健康を守っていきましょう。当院は予防治療に力を入れています。お気軽にご相談ください。

予防に努め、快適な生活を送りましょう

Pagetop